尻

福原ソープ街の歴史

下着姿

福原とは神戸市兵庫区のソープ街として有名な場所です。遊郭としての歴史を持ち、実際に日本三大遊郭の1つでした。街並みは桜筋と柳筋から成り立ち、ソープランドが軒を連ねているのです。早朝から営業している店舗も多くあります。
明治元年の1868年、神戸港の近くに外国人居留地が作られ、福原遊郭が外国人慰安所として作られました。1870年には大阪と神戸の間に鉄道が建設され始め、福原遊楽は湊川沿いの人の住んでいない荒れ地に移転させられました。これが現在のソープ街が置かれている場所です。ここには無数のレストランやカフェ、茶屋などが建てられ、にぎやかな場所になっていきました。そして1905年に新しい繁華街の新開地が建てられ、第二次世界大戦が終わる頃まで、ここは神戸の中心的な繁華街だったのです。
福原遊郭は最盛期に100件以上ものお店がありましたが、1958年に売春防止法が制定されて公証制度が禁止されたことにより、トルコ風呂へと営業方式を変化させ、営業許可なしに浮世風呂という形で独自の風俗を行ったりと、様々な工夫をしていました。現在では不況や個人収入の低下により、低価格で遊べる激安店なども増加しつつあり、地域密着型のソープになりつつあります。

ニュース

2017年04月06日
福原ソープ街の歴史を更新。
2017年04月06日
種類が豊富な福原のソープランドを更新。
2017年04月06日
福原のソープランドは日本一なのですを更新。
2017年04月06日
福原の夢の高級ソープランドを更新。